<家族と仲間の絆を深めあう1日>
春爛漫の4月24日、恒例の『RENTAI FESTA 2011』が万博公園お祭り広場で盛大に開かれ、大勢の仲間、そして家族や友人、市民が賑やかに交流。組合員は生コン春闘の勝利を胸に、組織と運動の新たな発展を誓い合った。FESTAは実行委員会主催のもと多数の協力団体が参加、セメント・生コン・圧送関連業界と労働組合及び各社が協賛。吹田市・ラジオ関西・北の湖部屋関西後援会・尾上部屋関西後援会・(財)大阪ユニセフ協会・社会福祉法人兵庫盲導犬協会・(財)大阪交通災害遺族会が後援。「Catch the Peace ~笑顔の輪、つなげよう未来へ~」をテーマに、平和と明るい未来への願いを込めて春空に大きな歓声を響かせた。

RENTAI FESTA 2011 SPゲストライブ「オレスカバンド」「D-51」

大阪府堺市出身のガールズ・スカ・バンド。07年アルバム『WAO!!』をリリース。

07 年には全米デビュー・アルバム『ORESKABAND』をリリース。活躍の場は世界に拡がっている。

 

沖縄を拠点にするヴォーカル・デュオ=D-51。2005年2月発売の3rdシングル「NO MORE CRY」はTVドラマ「ごくせん」の主題歌に抜擢され、50万枚を超える大ヒットを記録する。

 

<各種の催しに歓声とため息>
第2部は森脇健児・脇朱紀・KYO―HEYによる軽妙な司会で進行。ステージでは、朝鮮の舞(チェンガムチュム)、シンガーTeNライブステージ、サムルノリ、ワタナベフラワーライブステージ、海賊戦隊ゴーカイジャーショー、子ども賞抽選会、女性部企画・平和の祈りを込めた紙風船飛ばし、徳之島舞踊が次々と披露された。
続いて、スペシャルゲスト『オレスカバンド』のパワフルな女性グループのパフォーマンスで盛り上がった後、もう一組のスペシャルゲスト『D―51』の甘い歌声に大勢の観客が酔いしれた。
機関紙部主催の「フォトコンテスト」人気投票結果発表の後、お楽しみ抽選会では武委員長が抽選し発表。特賞は「旅行クーポン券10万円」だった。グアム旅行や大型テレビなど景品満載の抽選会が続く中、当選番号発表の度に歓声とため息がもれた。
計19店の各出店も大盛況。各セクションでは、フォトコンテストコーナーと釜ヶ崎コーナーの他、チャリティバザーコーナー、子どもコーナー(シャボン玉・ファファ・折り紙・らくがき・ポン菓子)、グリーンコンクリート研究センターのコーナー、車輌展示コーナーなどが人気を集めた。

例年、会場から集めた募金を大阪ユニセフ協会、兵庫盲導犬協会、大阪交通災害遺族会、日韓建設労働者共同闘争委員会の4団体に贈っていたが、今年は「東日本大震災復興支援」として大阪ユニセフ協会を通じて寄付。募金はバザーの売上と合わせて計23万4765円に上った。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています